土曜日, 2021年12月25日

花粉対策メガネのメリットデメリットとは!?選ぶ際のポイントは?


目に触れる花粉の量を減らせる

花粉症は目が充血したり、かゆみが起こったりすることが多いです。それは花粉が目の粘膜部分に触れ、過剰なアレルギー反応を引き起こすことが原因です。その目の花粉症を防ぐ際に使えるのが、花粉対策用のメガネです。一般的なメガネとは異なり、フードという部分が顔に密着して、隙間ができにくい構造となっています。その花粉対策用メガネを使用すると、目の粘膜に触れる花粉の量が単純に減ります。そのため、花粉症の症状を抑えられる可能性が高いです。

ゴーグルのようなデザインになる

花粉対策用のメガネのデメリットとしては、その見た目が挙げられます。隙間をなくすという性質上、どうしてもゴーグルのようなデザインになってしまいます。そのため、メガネをファッションアイテムとして活用していたり、人目を気にしたりする人は、花粉対策用メガネに抵抗感を抱くかもしれません。ただ、花粉症の辛さは大勢の人に周知されているので、ゴーグルのような花粉対策用メガネを着用していても、失礼になることはあまりないでしょう。

顔にフィットすることを最優先に

花粉対策用のメガネを選ぶ際には、顔にしっかりフィットすることを重視しましょう。顔との隙間がなるべくない方が、目に触れる花粉の量が少なく済みます。ただ、たとえ隙間がなくなるからといって、フード部分が顔を圧迫するのは良くありません。そのまま長時間着け続けると、顔に跡が残る恐れがあるからです。したがって、色々な製品を試しながら、隙間が広くなく、なおかつ顔とは完全に触れてしまわない、絶妙な距離を維持できるものを選ぶことが大切です。

メガネの花粉対策効果は、普通のメガネでも得られますが、花粉対策メガネを選べばより効果が期待できます。花粉対策メガネは、花粉の侵入を防ぐフードと呼ばれる防護カバーがついたものが一般的です。

Back to Top